脱毛 注意点!

MENU

未成年の脱毛注意点

未成年の脱毛には大人だする脱毛とは違う注意点があります。
注意点を理解してからサロンでの脱毛に通うか考えましょう。

 

1、皮膚細胞には少なからずの影響があります。

子供の皮膚というのは20歳くらいまで細胞が新しく、どんどん成長していくものですが脱毛で光やレーザーを使ってしまうと、せっかく成長途中の細胞が破壊されるので、良いとは言えません。しかも光脱毛や、レーザー脱毛というのは皮膚の下にある毛根から破壊し、毛が生えないようにするという強いタイプもあるので、身体の機能が成長途中の子供はなるべく行なわないようにするべきだと思います。

レーザー脱毛は未成年の肌にはダメージが大きく、後々の肌に影響があるかもしれません。光脱毛のような肌にほとんどダメージを与えないような脱毛サロンに通うことをおススメします。脱毛サロンで使用されている器械なら跡に影響が出る程のダメージは無いでしょう。

 

2、同意書が無いと施術はできません

脱毛サロンに未成年者だけでいっても施術はできません。親の同意書が必要となります。
友達と学校帰りに行ってくる♪♪なんて気軽に行ける物ではありません。先に親に同意書を書いてもらい、無料カウンセリングの予約をした後に、やっと脱毛ができるのです。
※親と一緒に脱毛サロンまで行く必要はございません。

 

まとめ

子供の脱毛

未成年者が脱毛サロンに通うには肌のダメージと親の同意書に注意が必要です。親の同意書はすぐに用意できるかもしれませんが、肌のダメージは人によって全然違います。但し普通にカミソリでの脱毛を繰り返すぐらいなら脱毛サロンに通った方が肌もキレイになりますし、手間も減るのでよっぽどお得でしょう。