子供の肌を守る傷つけない脱毛方法

MENU

肌を傷つけない方法

ムダ毛にも色々あるのですが、肌の露出が増える季節だけでなくその子供のムダ毛処理が深く関係しています。
脱毛方法は様々ですが、子供の脱毛に合った脱毛方法を理解している人は少ないようです。

 

当たり前ですが、子供の毛は抜いたり、剃ったりせずに脱毛しましょう。

カミソリは部位によっては、埋没毛や黒ずみを発生させますが、もっとも良くないのは毛抜きで抜いてしまう方法です。小学生や中学生の場合は埋没毛になる可能性はあまりないのですが、高校生、大学生となると十分に可能性がでてきます。
抜くという行為は、毛を引きちぎっていますから毛根が刺激を受けていることが多いのです。絶対に未成年の内からは抜くという行為はやめましょう。内出血をすると、雑菌が入り毛嚢炎になってしまうこともあります。そうなると後悔しか残りません。

 

剃るならカミソリより電気シェーバー

体のムダ毛もそうですが、顔のうぶ毛処理も必須です。顔は月に1回程度の処理が肌を痛めずに良いでしょう。なので脱毛サロンに次の予約日までに生えてきた場合はカミソリでは無く、電気シェーバーの方がおススメです。どうしてもカミソリを使う場合はセーフティーガード付きを利用しましょう。石鹸を泡立てるより、シェービング用のクリームの方が肌に優しいので必ずシェービングクリームを使うようにしましょう。

 

電気シェーバーも、顔は顔専用をボディはボディ専用のものを使用します。
ウォータープルーフで風呂場で使えるものもありますが、基本はお風呂上がりに使用するのがベストです。
風呂場には雑菌がいますから、剃った後に皮膚から入り込んでしまうこともあります。出来れば風呂上がりや、ホットタオルで肌を柔らかくしてからシェービングしましょう。肌に抵抗が無く、すんなりと剃れるでしょう。
処理した後は、必ず肌を冷却して化粧水、保湿クリームを忘れないようにしておきます。

 

乾いた肌を脱毛すると、埋没毛を作ってしまいますから必ず温めてから行ってください。
自己処理は、きちんと方法を守れば肌を傷つけずに脱毛が出来ます。
ですが、どうしても脱毛を繰り返すと肌を傷めてしまいますので頻繁にするのは危険でもあります。
勉強や部活で忙しい人は、脱毛サロンの利用が難しいかも知れませんが最近は、リーズナブルなプランもありますので肌を傷つけない脱毛をするなら脱毛サロンの利用が一番良い方法ですね。