アトピーやアレルギーがあっても大丈夫??

MENU

アトピー、アレルギーの敏感肌でも脱毛できます。

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種ですから、薬で治療を行っている人もいると思います。
外用薬や投薬をしている人は、脱毛にも少し注意をしなければなりませんがカミソリなどよりは良いかと思います。
アトピー性皮膚炎は、肌バリアが著しく低下した状態になっていますので自己処理でカミソリや脱毛クリームの使用するは控えた方が良いでしょう。体調が悪いと自己処理した部位に痒みや赤みが出ますから脱毛サロンを利用したほうがいいと思います。

 

アレルギーの場合

花粉症や喘息もアレルギーの一種ですが、こちらの場合にはサロンでもクリニックでも脱毛は可能です。
また食べ物などのアレルギーであれば問題無いでしょう。殆どのサロンでは事前にアレルギーがあるかの質問がありますので、金属や紫外線、アトピー等何かしらのアレルギー反応を経験した場合にはしっかりと申告しましょう。アレルギーでは無いが、肌が弱い方は一度無料カウンセリングに行き、パッチテストをするのが良いでしょう。
※金属アレルギーの人は電気脱毛(ニードル脱毛)は受けることが出来ません。脱毛クリームやワックスでアレルギーが出た人も必ずパッチテストを行ってください。

 

アトピー性皮膚炎の場合

アトピー性皮膚炎でも脱毛は出来ます。
ただし、投薬等を受けている場合には掛かり付けの医師に相談することが先ずは一番になります。
基本的には「医師の診断書及び同意書」が必要になります。事前にカウンセリングで、書類がいるのかを確認することも大切ですね。
アトピー性皮膚炎だから、脱毛サロンが利用できないわけではありませんので、掛かり付けの医師に脱毛したいと相談しましょう。ずっと見てる医師ならばきっといいアドバイスがもらえるでしょう。
脱毛サロンで脱毛してアトピーが悪化した事はないようですが、外用薬を利用されるいる人は脱毛前後には外用薬を使えなくなります。それらを加味して、自分の状態に合った脱毛を行える場所を選びましょう。